FC2ブログ

こんな症状が見られたら…「てんかん」

「てんかんとは?」 
発作的に繰り返される痙攣や意識障害を起こす疾患で、全身性のけいれんを起こすものから、手足の小さな震えだけを起こすものまで様々な症状を引き起こします。てんかんには真性てんかんと、病気の一症状としての症候性てんかんなどに分類されます。犬種的にはダックス、ビーグル、プードル、シェットランドシープドッグなどに遺伝的素因を持っていることが知られています。
「症状は?」
全般発作では流涎、不安、落ち着きのなさなどを前兆として、手足の硬直を起こして倒れる場合や、横になったまま泳ぐような遊泳運動が見られることがあります。この時、失禁や排便をすることもあります。発作は多い場合で数秒から数分で治り、終わるとけろっとしています。部分発作では、全般発作のような全身症状が見られず、右手だけとか、顔だけなどの硬直、大量のよだれなどを示すことがあります。一旦落ち着いた後に再び発作を起こすこともあり、その場合は命に関わることもあります(重積発作)。
「症状が出た場合はどうする?」
初回の発作の場合、重篤でなければ経過を観察するように指示しています。発作が起こる前にどのようなことがあったか、発作の持続時間、発作の様子、発作の後すぐに正常に戻るかなどを観察していただきます。1日に2回以上の発作や、1ヶ月に2回以上の発作を起こす場合は検査・投薬治療となります。一般的には身体検査、神経学的検査、血液検査を行い、抗てんかん薬の投与を行います。内服に反応しない場合、徐々に悪化する場合は薬物の変更またはMRI検査を実施することもあります。症候性てんかんが疑われる場合は原疾患の治療を並行して行います。
「通常の特発性てんかんではなかった実例」
① てんかん様の発作を頻発していたため、抗てんかん薬の投与を行うも改善せず。当院で超音波検査と心電図検査を実施したところ、重度房室ブロックと診断された。大学病院への紹介と早期のペースメーカー設置により発作は速やかに改善した。
② てんかんと診断され、抗てんかん剤の投与で抑えられていたが、徐々に発作の回数が増えた。当院からMRI検査を指示したところ、肉芽腫性壊死性脳炎と診断された。ステロイドの併用にて治療を行ったところ、発作の回数を抑えることができた。
③ 間欠的な部分発作と震えのため、他院でてんかんと診断され内服薬の投与をしていたが改善せず。当院で行った神経学的検査の結果、頸部椎間板ヘルニアの疑いがあったため、MRI検査を実施したところ、検査前診断と合致したため、内服の変更を行い、症状は速やかに改善された。(高齢のため専門医とご家族の間での相談の結果、手術は実施せず)
以上のように、単純なてんかんと診断されても、実際には別の疾患が隠れている可能性も高い疾患です。正しい診断を行うことで、症状を上手に緩和することもできます。もしも大切なペットにこのような症状が見られた場合はすぐに動物病院で診てもらいましょう。
スポンサーサイト

病院前の足場組み立て工事について

現在、当病院が入居しているマンションにて外壁工事が行われています。その際、病院入り口付近に足場がありますので、来院された方にはご迷惑をおかけしております。
病院は工事と関係なく、通常通り診療を行なっております。自転車など、置き場所に不明な点がありましたらスタッフまでご相談ください。
かめやまペットクリニック

耳がかゆい!

今回は外耳炎について、具体的な例をあげながら説明していきます。
「外耳炎の症状は?」
普段から耳をよく掻く、耳の中がいつもと違って臭い、突然耳を痒がり出した…。これらの症状が見られたら外耳炎の可能性が高いです。外耳炎は犬に多い病気ですが、猫にも見られることがあります。爪でかきむしるために耳の入り口が真っ赤に腫れ上がり、放っておくと耳の中が腫れて元に戻らなくなります。
「そのような症状が見られた場合」
自宅で掃除をしている場合はできるだけいじらないようにして病院で診察を受けましょう。耳鏡という特殊な器具で耳の穴を観察し、適切に掃除をします。必要であれば耳毛抜きをする場合や耳洗浄を行います。症状がひどい場合は外耳炎専用の点耳薬を投与します。
「その後はどうする?」
多くの外耳炎は内服薬や点耳薬で治りますが、再発することが多く、定期的な耳のチェックが必要になるでしょう。治りにくい場合は食事や環境アレルギーが関係することがあります。匂いが強い場合は耳垢の検査をしましょう。
「実際の事例」
・難治外耳炎だったが、食事を変えたところ劇的に良くなった。
・他院で長期に抗生剤、ステロイドの内服をしていたが、実際は耳ダニであった。耳ダニ駆除薬の投与で完治した。
・足先をよく舐め、耳垢の匂いが強いので検査をしたらマラセチアという真菌であった。耳を掻く後ろ足にも感染してマラセチア皮膚炎を起こしていた。抗真菌薬の投与でどちらも改善した。
「自宅での掃除

毎日は行なってはいけません。1週間から2週間に一回で充分です。やりすぎは耳の中を痛め、さらに耳垢を増やすことになります。綿棒は使わない方が良いでしょう。ガーゼやコットンにイヤークリーナー(市販のものか、病院で購入)を含ませ、指が入るところまでを軽く拭き取りましょう。汚れが多い場合、嫌がる場合は遠慮なく病院に連れてきてください。

年末年始の診察時間について。

院長の亀山です。
年末年始の診察時間について、再度お知らせいたします。
ホームページにも記載してあるように、
年末最終日は
12月30日(日曜日)午前中のみ
が最終診療日となります。
年始の診察は
1月4日(金曜日)9時~
となりますので、ご確認をお願いいたします。
なお、通院中の方、入院中、ペットホテルの動物たちについては
責任を持って対応させていただきますのでご安心ください。
年末年始はいろいろな食べ物をあたえたり、たくさんの方々と会う機会があり、
動物たちも体調を崩しやすい時期ですので、お気をつけください。
かめやまペットクリニック

心臓の検診をはじめました

ワンちゃんの長寿化に伴い、腫瘍や内臓疾患、痴呆などの様々な問題が明らかになっている今日この頃。
中でも心臓病は、症状が進行するまで姿を現さない、非常にやっかいな病気です。

このたび、かめやまペットクリニックでも犬の心臓病に対して、さらに当院にかかっているすべてのワンちゃんの
心臓について、一斉に管理することにしました。
これは、心臓病のワンちゃんがこの数年で劇的に増加していることもあり、心臓の検診を始めることといたしました。

これまでも心臓に問題がある場合は、すでにかなり進行していることが多く、
肺水腫や不整脈で命を落としてしまうことも多く、最善を尽くすよう治療を行っても
重症化した心臓には、太刀打ちできないことも多々ありました。
これまでの治療経験やいろいろな検査方法、治療報告などを検査のベースとし、
早期発見のためにまずはどんなワンちゃんでも気楽に行なうことが出来るレントゲンと血液検査を組み合わせた
検査セットをご用意しました。

・咳をすることが多い
・疲れやすくなった
・散歩途中で止まってしまう


このような症状がある方はまずご相談ください。
詳しくは当院のポスター、または院長までお問い合わせください。

心臓病で苦しむワンちゃんが少しでも減るように頑張りましょう!

かめやま

心臓検診
プロフィール

kameyamapc

Author:kameyamapc
葛飾区宝町の動物病院
かめやまペットクリニックです。
http://www.kameyama-pet.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR