FC2ブログ

かめやまペットクリニックの病院日誌

葛飾区の動物病院、かめやまペットクリニックのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

毎年の混合ワクチンをお願いいたします。

当院では犬、猫ともに1年に1回の混合ワクチンの予防接種を推奨しております。

近年、ワクチンは3年に1回で良いのではないかとの議論が国内外でされております。決して間違いではありませんが、必ずしもすべての犬に当てはまるわけではありません。

海外と日本の飼育環境や様々な地域での疾病発生率、ペットにおける全国あるいは地域のワクチン接種率やワクチン接種後の抗体価の測定などの様々なデータを、ワクチン接種のメリットデメリットとして考慮した上で、それぞれのワンちゃんやネコちゃんに合ったワクチンプログラムを作成することが望ましいと考えられます。
ワクチンで予防できる病気の中には、1年に満たない抗体しか持続しないものもあります。

さらに、ペットのストレスや体調、体質によってはワクチン接種によって十分な抗体価が上がらないケースがあります(ワクチンブレイク)。これは抗体価の測定をすることで客観的に評価することができますが、現実的にそこまでやっている動物病院は多くありません。1年に1回で打つことで、抗体価が上がらない場合も十分な免疫をつけることができると考えられています。

ワクチン接種による副作用のリスクが、ワクチンを打たずに感染症になるリスクよりも心配であれば、打たない選択肢もあるかもしれません。地域によってはいまだ多くの発生を見る感染症のリスクがある以上は、少なくとも日本で推奨されている毎年のワクチン接種という選択になると思います。ただし、ワクチン接種により問題が起きる可能性がある場合は、接種を見合わせることになります。

ペットホテルやサロン、ドッグランを利用する際は、必ずと言っていいほど毎年の混合ワクチン接種や狂犬病予防注射の証明書の提示を求められます。これは他のペットにも自分のペットにも感染症などのリスクを増やさないための配慮であり、このような考え方を皆様が持っていただければと思っています。

ワクチンの接種ひとつにもいろいろな考え方が動物病院によってあると思います。とてもここに書ききれないほどの考え方を持っている病院もあるでしょう。ワクチンプログラムは必ずしも一つではなく、個々のペットによって考えて行く必要があると思います。そのためには動物病院の先生方とよく相談し、自分のペットのこと(好きな食べ物とか、いつも行く場所とか、家での飼育方法などなど)をいっぱいお話しするとよいと思います。予防できる病気であれば、早めに予防しておくことで大切なペットたちに苦しい思いをさせずに済むので、ワクチン接種をお願いしております。

ちなみに当院で飼育している犬や猫については毎年の混合ワクチン接種をしていますが、特に問題があったことはありません。ペットに合わせた複数のワクチンをご用意しておりますのでご相談ください。
スポンサーサイト
  1. 2015/03/02(月) 16:43:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kameyamapc

Author:kameyamapc
葛飾区宝町の動物病院
かめやまペットクリニックです。
http://www.kameyama-pet.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (12)
病院日誌 (22)
病院案内 (14)
わかりやすい獣医学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。